学園紹介

ホーム>学園紹介>創立者/沿革/概要

創立者/沿革/概要

次代を担う人材育成のために。森村学園の教育は一貫しています。

創立者

創立者写真

創立者
森村市左衛門翁

森村学園の創立者・森村市左衛門は、幕末から明治・大正期にかけて日本経済界を支えてきた実業家です。その功績は、ノリタケ、日本ガイシ、TOTO、森村商事など、さまざまな分野にわたる「森村グループ」諸企業の発展として今日も生き続けています。
実業界に生きる一方、人材育成に深く関心を持つ市左衛門は、日本女子大学・慶應・早稲田等の諸大学や北里研究所等の研究機関に積極的な資金援助を続けました。さらに晩年を迎えた1910年、「花をつくるより人をつくろう」との決意のもと、自宅の庭に自らが理想とする幼稚園と小学校を新設。これが森村学園の始まりとなったのです。
以来私たちは、「正直・親切・勤勉」を校訓として、その理想を守り続けています。常に世の中のことを考え、行動した創立者の精神。それは創立100年を迎える現在も、学園の精神として息づいているのです。

森村学園の歩み

1910 私立南高輪幼稚園開園、私立南高輪尋常小学校開校。
1941 国民学校令により、森村初等学校と改称。
森村高等女学校発足。
財団法人森村学園設立、認可。
1948 校名変更許可、森村学園幼稚園、初等科、中等科、高等科となる。
1950 中・高等科男女別学となり、男子部発足する。
1951 財団法人を改組し、学校法人森村学園となる。
1978 長津田校舎竣工、竣工式並びに長津田校舎開校式を行う。
横浜市緑区長津田町に移転開始。
幼稚園、初等科、男子部、女子部、専攻科を幼稚部、初等部、中等部、高等部、専攻科とし、専攻科(女子)のほかは各部とも男女共学制とする。
1997 中等部・高等部を一体化。
2000 創立90周年を迎える。
2010 創立100周年を迎える。